住設リフォーム施工前

DSCF9742

弊社の仲介で売却した一戸建てのボイラー。長く使っていなかったためか、引渡しまでは特に問題がなかったにもかかわらず、引渡してから黒煙を吐き、エラーが出て使えなくなったとの一報。
修理するのに新品に換えるのとそれほど変わらない金額になってしまうとのことでしたので、前オーナーさんに相談して交換することになりました。

工事内容
ボイラー本体交換、配管工事、配線工事

工期
約2時間

費用
約17万円

住設リフォーム施工状況

DSCF9744x DSCF9765x

本体を仮設置し、場所を確認したら配管をしていきます。
今回は、既存の配管・燃料タンクを再利用して費用を抑えました。

DSCF9778x DSCF9780x

既存の銅管を再利用するので、保温材を巻いて冬場の破裂等を防ぎます。

DSCF9755x DSCF9760x

リモコンの配線は既存のものを加工して再利用。

 

(風呂場リモコン)
DSCF9747x
  DSCF9763x
         (BEFORE)                       (AFTER)

(キッチンリモコン)
DSCF9746x  DSCF9774x
          (BEFORE)                       (AFTER)

住設リフォーム施工後

DSCF9894

わずか2時間ほどでプチリフォーム!これで買主さんも安心してお風呂に入れます。
施工当時は、鬼怒川の氾濫直後で石油給湯器の需要が高く、業者が苦心の末確保してくれました。
改めて、色々な方たちの協力でこの仕事は成り立っているんだなぁと実感です。

 

 


Top